Twitterバナー
BLOGバナー
facebookバナー height=
Youtubeバナー height=
三宅浩正後援会名簿バナー
自民党愛媛県支部連合
ehimePref_bnr
ehimeGov_bnr
 

天皇への理解と敬愛の念 (平成21年12月1日 本会議一般質問より)


 本年9月4日付で文部科学省から「天皇陛下 御即位から二十年」と題されたDVDが、各都道府県市区町村の教育委員会と各学校に送付をされておるようです。早速、ある学校の先生がこのDVDを活用され、子供たちが感想文を書いたとのことで、私の手元にも届きましたので、時間の都合もありますので、代表的な感想文を一つだけ御紹介をしたいと思います。
 中学校2年生の男子によるものです。僕は、今回のDVDを見るまで、両陛下のお仕事についてほとんど何も知りませんでした。両陛下は自然災害に襲われた場所にすぐかけつけ、励ましたり、外国に行き友好関係を築いたり、すごく大切なことをしていました。これからは両陛下に感謝をもって過ごしていきたいです。
 ほかの感想文にも感じられましたが、多くの子供たちが天皇について何も知らないようです。学習指導要領にある天皇への理解と敬愛の念をはぐくむには、まずは、教職員の皆さんにその理解と敬愛の念をしっかりと持っていただかねばなりません。ぜひとも子供たちが自国の国家元首についてしかるべき認識を持てるよう、学校でのお取り組みをお願いしたいと思います。
 そこで、お尋ねしますが、学習指導要領にあるように、天皇への理解と敬愛の念をはぐくむべく、児童生徒のみならず教職員向けにも前述DVDを積極的に活用すべきであろうと思われますが、今後、どのようにお取り組みいただくのかお聞かせください。